消費者金融業者によって微妙に違う審査基準

消費者金融業者は飲み会代や慶弔費など様々な社会人の金銭的なニーズを補てんすることができる存在として人気が集まっています。
最近では特に現代人のニーズが様々なものになってきているため、お金の問題を解決するために消費者金融業者は非常にありがたいものとなっています。
そうした中、審査基準に関する情報がインターネットサイトなどで話題になっています。
キャッシングやカードローンのサービスを利用する場合には何よりもまず審査に通過することが絶対の条件となっており、各消費者金融業者によって微妙に審査基準が異なることから、インターネット上の口コミサイトなどで情報交換をすることは非常に有効なこととされています。
そのため、業者を利用する際にはしっかりとインターネットを使って下調べをしておく人が増加しており、口コミサイトなどには多くの経験者がそろっていることでも知られています。
今後もこうした業者から借り入れをする人が増加すると見込まれています。

お金を融通してもらう方法としてカードローンがありますが銀行が融資してくれるものと消費者金融が融資してくれるものと2種類があります。

銀行カードローンというと低金利で、貸出限度額が大きいのですがその分、審査が厳しくなっているので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

消費者金融のキャッシングはというと金利が高め、最大貸出限度額も低く、年収や他社からの借入の状況によっても限度額が大きく変化します。

このことから、消費者金融の方が銀行よりも諸々の条件で不利な点が多いように思えますが、消費者金融のキャッシングの方が銀行と比較して、審査に通りやすいと言われています。

また、審査結果の通知も早く、即日融資もしてもらえるので今すぐお金が必要!というときに利用されることをおすすめします。

住宅ローンは保証人や担保が必要となりますがカードローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンは借り入れ額が多く返済も長期に渡るため返済期間中に返済不能と言った事態を招かないよう入念に審査する必要があります。

カードローンやクレジットカードなどのローンというものは住宅ローンほど大きな金額にはなりませんし、返済期間も短期です。

ですから、個人の信用だけで借り入れることができますし保証人や担保も不要です。

何より、保証人を立てて審査をしなければいけないとなると時間がかかってしまうためカードローンの良さであるスピード感が失われてしまいます。

カードローンの仕組みを知っていますか?カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲の中であれば何回でも借り入れや返済を行うことができるというものです。

毎月の決まった日時に残高に対して利息が計算され月毎の返済日に必ず引き落としされるという約定返済が基本の返済方法です。

引き落される金額は借入残高によってランク分けされて決まっておりその金額の範囲内から利息を差し引いた分が元本の返済に充てられという流れです。

ですから、利息の計算日までに極力元本を減らしておくこのが利息をできるだけ安くする有効な方法と言えます。

返済手段には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済はボーナス時等にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

普通、消費者金融のキャッシングの金利というとみずほ銀行や三菱UFJ銀行などの銀行カードローンよりも高金利と言われています。

消費者金融のキャッシングの利は3.0%から18.0%が平均なのですがみずほ銀行や三菱UFJ銀行などの銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので金利の低さは一目瞭然です。

最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円という業者が多いですが銀行カードローンの場合は一部の銀行を除いて800から1 200万円と高額です。

ちなみに、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングは事業用資金として使用することを認めている場合が多いです。

又、銀行の場合は同行に口座を開設するなどといった条件が付く場合がありますが消費者金融の場合は預金機能がありませんので、面倒な条件もありません。

消費者金融と言うとサラ金や怖い人というものが連想され怖いというイメージを持つ人がいまだに多いですよね。

バブル崩壊期は法律を無視した反社会的集団による暴力的な取り立てや深夜にもかかわらず自宅へ押しかけるような行為が横行していました。

近年、法律が改正され銀行傘下に入る企業が多くなり法律順守の意識が高まり、ブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、テレビCMに人気タレントを起用するなど借金を意識させない内容でイメージアップを計っています。

一方で内容がイメージ戦略に偏りすぎているCMも多く何のCMだか全然分からないという声聞こえてきます。

消費者金融には貸金業と言う法律があり銀行を規制する銀行法とはまた別の法律の適用となります。

金融業において貸金業法と銀行法が何が一番違うかというと貸金業法には総量規制があることです。

総量規制は、年収の3分の1を超える融資を不可とするものでこの規制により、利用者の借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

従って、収入が0の専業主婦たちは消費者金融を利用しようと思っても仮審査の時点で却下されてしまいます。

一方、銀行は銀行法によって規制されていますから総量規制がなく、専業主婦の方でも借入可能となっています。

近頃の消費者金融はCMなどを見てもとてもクリーンなイメージがありますが一昔前まではサラ金や街金と呼ばれ裏稼業という感じの怖い業種でした。

当時はバブル経済と呼ばれ金銭感覚がマヒしてしまった人たちが多く容易にお金を用立ててくれるサラ金や街金で借金を繰り返していきました。

借りたお金は当然利息をつけて返済しなければいけないのですが気軽に借金する人ほどお金に対する感覚がマヒしてしまっているので当然返済できるわけがありません。

当然、貸した側のサラ金や街金は全力で全額回収を迫ってきますのでウシジマくんさながらかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は当時のような乱暴な取り立ては法律で禁じられていますので以前のように反社会的集団的と思われる人が自宅に押しかけてきて取り立てるということはありませんのでご安心ください。

消費者金融各社の借入れ条件やデータを比較したい場合ランキングサイトを見れば一目瞭然です。

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているランキングサイトもあれば一覧表にして分かりやすく表示しているサイトもあります。

消費者金融ごとにおすすめポイントが掲載されていたりするので、消費者金融にあまり知識がない人でも、簡単に比較することが可能です。

更にランキングサイトには公式サイトへのリンクを貼っていることがほとんどなので比較検討後、すぐに申し込み手続きをすることもできてしまいます。

又、消費者金融の一覧サイトの中には、審査に申し込む時の記入方法や審査に通るためのコツなどを教えてくれるサイトもありますので、是非ご利用ください。

簡単に借り入れができると言われるアコムやプロミスなど消費者金融ですがその審査能力は目を見張るものがあります。

審査のハードルが高いとされる銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者ということは、あまり知られていないのではないでしょうか。

貸金業法が改正され大口融資ができなくなった消費者金融業者の多くは銀行グループの関連企業の傘下に入る道を選びました。

あくまで一般的なイメージですが銀行の方が賢いと思うかもしれませんが審査能力に関しては消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行業務では業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が高いのは当然ともいえます。

人気が高い金融機関の理由は金利が安い、審査が早い、手続きが簡単、手数料が安いなどがあげられます。

とはいえアコムやプロミスなど消費者金融の場合、総量規制が関与してくるのでサービス内容で差をつけるのは難しく借入限度額に関しても、借り手によって左右されるので大きな要因にはなり得ないと思われます。

人気ランキング上位のデータ比較してみてもいずれも審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差がないのです。

そのようなことよりも、簡単に手続きが完了するかということや自動契約機があることや提携ATMが多いことのほうが評価されるポイントになっています。

又、CMに起用される芸能人の好感度やCMから伝わってくるイメージも評価に大きな影響を与えていると言えるでしょう。

昨今の消費者金融業界は法律の改正やCM効果によって怖い、ブラック企業というイメージから払拭されつつあります。

最近は就職先としての人気もうなぎ上りのようなので消費者金融業界の業務内容や労働条件を解説します。

まずは業務内容を紹介します。

主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者には電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職するにあたり、必須の資格ではありませんが店長(責任者)に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得しなければなりません。

気になる年収について紹介します。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度で成果を上げることでボーナスという形で評価してもらえます。

消費者金融は銀行に比べたら格段にお金が借りやすく数年前までは、簡単な手続きでローンを組むことができました。

当時は、現在のようにきちんとした法整備が確立されていなかったため、規定よりも高金利で借り入れていた人がたくさんいました。

これが、テレビやラジオのCMで呼びかけられている過払い金というもので現在の規定で計算し、多く支払い過ぎた金利を意味します。

過払い金は返還してもらう権利があるのですが、過払い金の払い戻し請求には期限があります。

完済した日から10年を経過すると時効になって請求権を失いますから身に覚えのある人は過払い金請求に長けてる法律相談事務所に相談しましょう。

カードローンの新規申込の方法はいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットといった申し込み方法があります。

郵送を希望場合は、店舗などで申込書をもらってきてから必要事項を記入したら、返送し審査結果を待つだけです。

審査にクリアしたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封し送ると契約手続きが進み、晴れてカードが郵送されてきます。

ちなみに、パソコンやスマホからの申し込みの場合ローン会社のサイトにある申込フォームに入力して送信するだけでOKです。

メールにて審査に通過したという連絡が来たらそのメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等のカメラで撮影しアップして申請は完了です。

アコムやプロミスなど消費者金融のキャッシングの審査は比較的通りやすいので審査に落ちる人には、落ちる原因があると思います。

まず、過去に自己破産をしたことがある人や返済が滞った経験がある人はブラックリストに入っている可能性があります。

また、消費者金融には総量規制というものがあり年収の1/3を超える借り入れはできない規則に引っかかっている可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円までということになりますが、すでに他社から50万円の借金がある場合は新規のカードローンでは50万円までということです。

又、複数の金融業者から融資を受けている人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査が厳しくなるのは言うまでもありません。

お金を融資してもらうことができる金融機関には銀行の他にも、消費者金融やクレジットカードなどがあります。

昔は銀行からお金を借りるためには複雑な手続きが必要で融資までに時間がかかりましたが金融機関はお金を貸して利子を付けて返済してもらう事で売上を確保し、利益を上げています。

通常は消費者金融の金利の方が高い場合が多いです。

ただ、中には消費者金融よりも金利が高い銀行カードローンというのも存在しますので、一概に消費者金融のほうが銀行カードローンよりも金利が高いとは言えないのです。

引用:中堅消費者金融審査甘い?即日でお金借りるなら【口コミランキング】