プロバイダーを契約するとIPアドレスが貰えます

インターネットに接続するには、プロバイダーと契約してサーバーと呼ばれるパソコンに接続する必要があります。
ユーザーのパソコンはこのサーバーを経由することで「IPアドレス」を割り当ててもらいます。
このIPアドレスは、インターネット内のパスポート番号のようなものです。
この番号が無いと身元不明になってしまいますから、インターネットに入れてもらえません。
インターネットのメールは、プロバイダーから割り当てられたIPアドレスと発行してもらったメールアドレスがあるので、世界中のどこでも確実に自分の手元に届くのです。
ちなみにIPアドレスは、接続時にプロバイダーが保有している番号を使い回しているので、常に同じ番号で接続しているわけではありません。
プロバイダキャンペーン比較ガイド - 最新のキャンペーンはコレ!